試験片(テストピース)

work

試験片とは、材料の強度や機械性能を調査する材料試験に用いる小片です。テストピースとも呼ばれます。試験片の試験結果が、材料の性能保証や設計開発に影響を及ぼすため、厳しい寸法公差、加工条件が規定されています。

モルファでは破壊試験片、非破壊試験片、試験片用治具など、様々なニーズに対応しています。中小、大手企業、大学機関をはじめ、過去には全国で加工を断られた、NASAの新素材を加工したこともあります。

材料についても、SS材、炭素鋼鋼材、ステンレス鋼、冷間圧延鋼材、インコネル、焼き入れ鋼など様々な素材に対応。また、インゴットから試験片を切り出すことも可能です。

試験片(テストピース)の品目

破壊試験片

試験片 に 引張 、 衝撃 、 熱 などを 与えて 材料特性 を 評価 する 破壊試験片。

引張試験片 、 衝撃試験片、 疲労試験片 、 平滑試験片 、 切欠き試験片 、 溶接縦継手切欠き引張試験片 、靱性評価試験片 、 最大 で 6m を 超える 試験片 の 製作を 行っております。

一般的な 試験片業者で 断られてしまった レアメタル などの 難削材 や、 特急 で 部品から 切り出し といった 試験片 も、対応可能 です。

試験片
引張試験片

引張試験に用いる試験片。

試験片 の 各部 の 寸法 の 定め方 によって、 比例試験片 と 定型試験片 とに 分類 される。

また、 形状 によって、 板状試験片 、 棒状試験片 、 管状試験片 、 円弧状試験片 、 線状試験片 に 分類される。

衝撃試験片
シャルピー衝撃試験片

シャルピー衝撃試験機 を用い 、40㎜ 隔たっている 二つの 支持台 で 試験片を支え 、 かつ 、 ノッチ部を 支持台間 の 中央に 置いて ノッチ部 の 背面 を ハンマ によって 一回 だけ 衝撃 を 与えて 試験片 を 破壊します。

吸収エネルギー 、 衝撃地 、 破面率 、 遷移温度 などを 測定する 試験。

Uノッチ試験片 と Vノッチ試験片 がある。

非破壊試験片

試験片 に、 超音波 を与えて 欠陥 を 調べる 超音波探傷試験片 や 磁気 を与えて欠陥 を 調べる 磁粉探傷試験片 の 製作 を 行っております。

モルファ では パイプ 外径 や、内径 の 加工、溶接部 への 人工欠陥 といった 微細な 人工欠陥 の 加工 を得意 としています。

実績 としては、 NASA の 新素材 の 試験片加工 や、JAXA から 3D金属プリンター用 の 評価試験片 の 制作があります。

幅0.05㎜ 程度 の 微細人工欠陥 といった 難易度 の 高い 加工も 必ず 実現させます。 最大で 6m の長さ を 超えるシームレスパイプの超音波探傷試験片 の 加工 も 行っております。

試験片
超音波探傷試験片

超音波 を 試験体中 に 伝搬 させたときに 、 試験体 の 示す 音響的 性質 を 利用 して 、 試験体 内部 の きず 又 は、材質 を 調べる 非破壊試験 。 略称 は UT を 用いる。

磁粉探傷試験片

磁性粉末 を 含む 適切な 試験 媒体 を 利用し、 漏えい 磁界 に よって 表面 及び 表面 近傍 の きず を 検出 する 非破壊試験片。 略号 は MT を 用いる。

試験治具

試験片 を 適切 に 評価する ためには、しっかりと 試験片を 固定 しなければなりません。 試験 環境 は 過酷な 環境 もあるため、その 環境化 に 対応 できる 治具 の 制作 が 必須になります。

モルファ では、 引張用チャック や、 振動試 験用 の 治具 、 高温テスト用 の 治具 、 高精度治具 など 様々な 環境化 で 使用される試験治具 の 製作を 行っております。

金属加工のことでお困りですか?

他社では断られた難しい加工も気軽にご相談ください。
無料見積 全国対応 適正価格
電話・FAXでのご相談 平日9:00〜18:00
TEL072-777-7774
FAX 072-777-7740

試験片(テストピース)のTIPS

  • 夏季休業日のお知らせ

    誠に勝手ながら、令和2年8月12日から令和2年8月16日までを夏季休業日とさせて頂きます。

    令和2年8月17日より平常業務となります。

  • メルトブローンノズル

    メルトブローンノズル
    新型コロナウィルス蔓延に伴い、医療や民間でのマスク不足で、
    弊社としても何か世の中のために貢献できる事がないかと考えました。
    不織布を製作するためのメルトブローンノズルの製作をする事にしました。
    ご協力できるメーカー様がいらっしゃいましたらお声がけして頂けましたら幸いです。
    メルトブローンノズル先端
    メルトブローンノズル先端の拡大動画
  • MAKINO V56導入

    MAKINO V56を導入いたしました。

    マスクの不織布を作るメルトブローンノズルや
    フィルムを作るTダイなどの生産強化をいたします。

  • 本社移転のお知らせ

    本社移転のお知らせ
  • 超硬ディスペンサーノズル

    ディスペンサーノズルを製作しました。超硬にΦ0.1㎜±0.005の微細孔をあけます。内部は接着剤の流動性が必要なため、鏡面加工を施しますが、微細孔の鏡面加工の難易度は高いため、試行錯誤して完成させることができました。このノズルは鏡面前に断面をみた状態です。

    ▶穴加工https://morpha.co.jp/work/drilling/

  • マニホールド

    マニホールドとは、流体や機体の流れを分ける時に使用される部品です。漏れのないように気密性が重要視されていますので精度が必要です。また、流路面の円滑性が流体の流れに影響を及ぼしますので、面粗度も鏡面仕上げが求められたりします。マニホールドの穴は単純なものだけではなく、部品内で入り組んだ穴であることもあり様々な加工ノウハウが必要になります。ドリル加工、ガンドリル、放電加工などの加工を駆使して完成しました。今回は超高圧に耐えれる油圧のマニホールド製作しました。穴が無尽蔵に空いているため、材料の歪などを考慮しながら加工をする必要があります。

  • 大型リングのワイヤーカット

    1メートルを超える大型リングの2分割ワイヤーカットです。
    大型ノコ切断では切代が多すぎたり、材料が硬い場合はワイヤーカットで加工しますが、ここまで大きいと通常はワイヤーカット機に入りません。
  • スーパーインバーの 細穴 加工

    スーパーインバー
    スーパーインバーに金属で熱膨張が少ない素材で、少し難削材です。難削材なのに、微細孔で、なおかつ多数孔という…。結構製作するのにハードルの高い製品です。今回は穴精度が高い事を要求されていたので、 細穴加工もあるのですが、精度がでないのでマイクロドリル加工を選定。テスト何回かして条件だししたらうまく出来るようになりました。

    ▶穴加工https://morpha.co.jp/work/drilling/

  • 刃物で歯が立たなかったハイスを切削加工する。

    ハイスはHRC60以上になる高硬度の材料です。刃物に使用される素材のため刃物では最近まで削る事ができませんでしたが、今回は、中をくり抜くのはワイヤーカットで加工を行いましたが、外径は旋盤、刃付けはマシニング加工で加工を行いました。

  • 難削材インコネル加工

    難削材のインコネルの加工で圧延材の板から厚み1㎜を両面削り出し、表面を磨くという内容。薄板を削ると歪が発生しますが、250㎜角の板を今回は平面度0.05以内に入れる必要があったため難しい課題でした。

    インコネルの薄板加工