放電加工の歴史〜刃物で削れない形状は放電加工の高い技術を持つ株式会社モルファ

放電加工って?〜他の加工方法との違い〜

放電加工とは、電気の力を利用して金属を加工する電気加工技術です。通常、金属などの加工を行う際は、ドリルなどの刃物を用いて加工を行います。

それに対して放電加工は、放電する際に起こるエネルギーを活用して行うため、刃物を使用せずに加工できるのが大きな特徴です。人工的に放電を起こし、何度も繰り返しエネルギーを金属に当てることで金属に穴を開け加工していきます。刃物での加工は刃物よりも硬度の高い金属には行えませんが、放電加工では金属の硬度に関係なく加工が可能です。

よく放電加工は熱影響がワークに多いんじゃないか?とご質問がありますが、熱の影響は加工部の数十ミクロンレベルでほとんどワークには影響しません。

放電加工のはじまり

放電加工は、1946年にラザレンコ夫婦の偶然の発明から生まれました。当時、ラザレンコ夫婦は放電によってスイッチの接点から火花が起こり摩耗する現象について研究していました。しかし、研究で火花によって摩耗する金属を見ていくうちに「この現象を加工技術に活用できないか」と考えるようになりました。そうやって放電加工の研究が本格的に進められ、刃物を使用せずに放電のエネルギーで加工する現在の放電加工技術が確立されたのです。

放電加工の研究はその後日本でも行われ、昭和29年には神奈川県で日本最初の放電加工機が誕生しました。川崎市高津区には放電加工機が誕生した地として石碑が立てられています。

角穴金型・試験片、どんな加工もまずはご相談ください

刃物で削れない形状はどんな加工もまずはご相談ください

放電加工のスペシャリスト・株式会社モルファでは、複雑で難しい部品加工もご相談にお乗りします。微細穴を開ける精密加工や高硬度材の加工など、株式会社モルファならではの高い技術力で金属加工を行っています。

お客さまのことを第一に考えベストなものづくりをいたしますので、部品加工の依頼をお考えの際はお気軽にご連絡ください。

お役立ちコラム

放電加工による複雑な部品加工を依頼するなら【株式会社モルファ】

会社名株式会社モルファ
所在地〒 661-0011  兵庫県尼崎市東塚口町2-3-44
TEL06-6429-5445
URLhttp://morpha.co.jp/

CONTACT

お問い合わせ

  • TEL 06-6429-5445
  • FAX 06-6429-5966

(営業時間:9:00〜18:00 土日祝日を除く。 担当:平山)