技術・設備・品質

tech

モルファの技術

刻々と変化をつづける市場で、
お客様のニーズに応えるために必要なものは、技術力。
日々研鑽を重ねるモルファの技術を紹介します。

設備紹介

  • MP2400

    MP2400

    機械種類 ワイヤ放電加工機
    最大加工物寸法(幅×奥×高) 1050 x 820 x 305 mm
    工作物許容質量 1500 kg
    テーブル寸法(幅×奥) 840 x 640 mm
    各軸移動量(X×Y×Z) 600 x 400 x 310 mm
  • NA2400

    NA2400

    機械種類 ワイヤ放電加工機
    最大加工物寸法(幅×奥×高) 1050 x 820 x 305 mm
    工作物許容質量 1500 kg
    テーブル寸法(幅×奥) 840 x 640 mm
    各軸移動量(X×Y×Z) 600 x 400 x 310 mm
  • Mycenter 3020

    Mycenter 3020

    機械種類 マシニングセンタ
    切削領域(幅×奥×高) 762 x 510 x 510 mm
    テーブル寸法(幅×奥) 860×500 mm
    主軸回転数 40~15,000min-1(20,000)
  • Autodesk

    Autodesk Fusion

    機械種類 CAD
    取扱可能拡張子 .3dm / .asm / .cam360 / .CATPart / .CATP製品 / .dwg / .dxf / .f3d / .fbx / .g / .ige / .iges / .igs / .ipt / .neu / .obj / .prt / .sab / .sat / .skp / .sldasm / .sldprt / .smb / .smt / .ste / .step / .stl / .stp / .wire / .x_b / .x_t / .123dx
  • 放電加工機 全6台
    三菱電機 EA12V
    三菱電機 EDSCAN8E
    三菱電機 EX8+FP35
    JAPAX DXC45 * 4機
    JAPAX DXC30
  • 細穴放電加工機 全2台
    ソディック K1CN
    JAPAX SB-1M
  • ワイヤーカット加工機 全10台
    三菱電機 FA20PS
    三菱電機 FA20
    三菱電機 FX10K
    三菱電機 FX20K
    三菱電機 SX10
    三菱電機 QA20
    三菱電機 DWC200HA
    三菱電機 MP2400
    三菱電機 NA2400
  • 機械加工機 全8台
    キタムラ機械 Mycenter 3020
    オークマ MILLAC44V
    マキノフライス BN85
    碌々産業 MEGAⅢ
    アマダ 大型ノコマシン VM-1200
    KITAGAWA ボール盤
    OKAMOTO 研磨機
    MAKINO フライス盤
    大矢 ラジアルボール盤
  • 計測器 全2台
    MITUTOYO 3次元測定器
  • CAD/CAM 全4台
    TOOLS 3次元CAD/CAM
    SOLIDWORKS 3次元CAD
    AUTO CAD 2次元CAD
    DXF-MEDIAPT CAD/W 2次元CAD/CAM

品質管理のための5つのポイント

制品そのものの品質はもちろん、
それに至るまでの、適切な加工提案や進行管理も、
モルファが考える重要な品質です。

  • 01. 加工のプロによる打ち合わせ

    加工現場を熟知したスタッフによる打ち合わせを行いますので、商社マンにありがちな加工内容が伝わらないことや、出来上がりが違うなどの問題が起こりません。打ち合わせの際には、加工要件の深堀り、要件に合わせた最適な加工方法や素材選定、表面処理選定など、さまざまな提案を行いながら、最高品質の加工を目指します。

  • 02. 工程内検査

    モルファでは、加工担当者が、工程内で適宜検査を行っておりますので、NG部品の早期発見が可能となっております。そのため、無駄なタイムロスが発生せずに、最短での納品が可能になります。

  • 03. トレイサビリティの取得

    マイクロメーターやノギスなどの測定器を2年に1回、外部機関での測定器校正を行っております。測定前にもその都度、ブロックゲージを使い測定器で校正をとり、測定器の寸法誤差をなくすためのチェックは欠かせません。

    検定証明書
  • 04. 3次元測定器による複雑形状の測定

    ノギスやマイクロで測れない複雑な形状は3次元測定器を使用し計測を行います。

    3次元測定器
  • 05. 製品の洗浄、梱包

    製品に付着した、切削屑、切削油、小さなゴミなどは、パーツクリーナーでの脱脂洗浄を行っております。洗浄後、さびやすい素材は防錆処理を行い、製品の運搬疵が付かないように梱包し、お客様にお届けいたします。

加工実績のある素材

制品そのものの品質はもちろん、
それに至るまでの、適切な加工提案や進行管理も、
モルファが考える重要な品質です。

区分 JIS 一般的な呼称 説明
機械構造用炭素鋼 SXXC 炭素鋼 加工が容易で廉価なので一般的によく使用される鉄鋼材料。様々な場所に使用されます。頻繁にご依頼頂いております。
一般構造用圧延鋼 SS 圧延鋼 建築物や構造物や機械パーツに一般的によく使われている材料です。ただSCの方が加工性がいいので溶接がない場合はSCの方が向いてます。
機械構造用合金鋼 SCM クロムモリブデン鋼 クロム、モリブデン等を添加した鋼。モルファでは、樹脂型や、ロードセルなどでの依頼があります。
SNCM ニッケルクロムモリブデン鋼 焼入硬化性、靭性が大きく、機械構造用合金鋼の中では最も機械的性質に優れた材料。
SNC ニッケルクロム鋼 ニッケルを1%以上、クロムを0.5%以上添加した材料、耐食性、耐摩耗性に優れ、焼鈍すると加工性もよくなります。
SCr クロム鋼 炭素鋼に1%前後のクロムを添加した鋼。材料調達に苦労しましたが、エンジンの試作部品で製作しました。
SACM アルミニウムクロムモリブデン鋼 窒化をすると耐摩耗性が断然と上がります。スピンドルや成形機に使用されます。
工具鋼 SK 炭素工具鋼鋼材 硬度のほか耐摩耗性にも優れ、切削工具に使われたりします。
SKH 高速度工具鋼鋼材 一般的にハイスと呼ばれ、タングステン、モリブデン、バナジウム等の高硬度の炭化物を形成する合金を多く含み、切削性がよく、工具としても使用されています。
SKS 合金工具鋼 硬度や耐摩耗に優れ、ゲージとして使用される事もあります。
SKD ダイス鋼 SKD11は高クロム、高炭素鋼で、ゲージやプレス型に利用されます。プレス金型では頻繁にご依頼を頂いております。
ステンレス
SUS303 オーステナイト系 SUS304に硫黄とリンを添加し、快削性を良くした素材。SUS304より、加工コストを下げたい時に使用されます。
SUS304 オーステナイト系 ステンレスの代表格。耐食性、耐熱性にすぐれ、様々な場所で使用されます。頻繁にご依頼頂いております。
SUS316 オーステナイト系 SUS304のニッケル含有量を高め、モリブデンを添加し、より耐食性を向上させた素材です。
SUS316L オーステナイト系 サージカルステンレスと言われ、金属アレルギーが起こりにくい素材です。モルファでは水素燃料部品で加工しています。
SUS403 マルテンサイト系 磁性があり、高応力性、耐熱性に優れています。滅多にご依頼はありませんが、大学の研究室に部品で納入しています。
SUS430 フェライト系 磁性があり、耐食性、耐熱性および加工性に優れ、幅広い用途で使用されています。安価で磁性と耐食性がいるならこの材料。
SUS420J2 マルテンサイト系 熱処理により、高強度、高硬度を得られます。磨き性がいいので、樹脂金型に使用されます。
SUS440C マルテンサイト系 熱処理により、高強度、高硬度を得られます。ステンレス鋼の中では最も高硬度を有する鋼です。
SUS630 析出硬化系 耐食性と高強度を兼ね備えています。 銅を添加することにより析出硬化性を持たせています。 モルファでは航空部品、金型、ロードセル加工しております。
アルミ
A1100 純アルミ 純度が99%以上のアルミニウムです。機械構造の一部にはあまり使用されません。
A2011 快削ジュラルミン 切削性の優れた快削合金で、強度は高いが、耐食性が劣ります。
A2017 ジュラルミン ジュラルミンと呼ばれている材料。耐食性・溶接性は劣りますが、強度が高く、鍛造することも可能です。
A2024 超ジュラルミン 超ジュラルミンと呼ばれている材料。A2017より強度が高く、切削加工性が良いです。
A5052 Al-Mg系合金 中程度の強度があり、耐食性・溶接性が良い。一般的な工作に一番向いている材料。
A5056 Al-Mg系合金 耐食性に優れ、切削加工による表面仕上がり、アルマイト処理性が良いです。
A6061 Al-Mg-Si系合金 熱処理型の耐食性合金。T6処理によりかなり高い耐力値が得られます。
A6063 Al-Mg-Si系合金 A6061より強度は低いが、耐食性・表面処理性が良いです。押出成型品は、ほとんどこの合金が用いられます。
A7075 超々ジュラルミン アルミニウム合金中最高の強度を有する合金。航空機や機械部品などに幅広く利用される極めて高強度な合金です。

C1020 無酸素銅 純度が99.96%以上の純銅で、熱伝導性、導電性、加工性が高いです。放電加工の電極でも加工します。
C1100 タフピッチ銅 純度が99.90以上、展延性や絞り加工性、耐食性、耐侯性に優れた純銅です。
C1720 ベリリウム銅 銅合金の中で最高の強度を持つ材料です。時効硬化処理をすることで耐疲労性や導電性、引張強さが向上します。
C2801 真鍮 真鍮と呼ばれ、銅と亜鉛の合金です。
C3602 快削黄銅 C2801に鉛を添加することによって切削性を良くした材料です。
Ni高合金 Alloy600 インコネル ニッケル、炭素、鉄、クロム等を添加した合金のことです。 耐熱性、耐蝕性が高く、高温下での状況に長時間晒されても高い強度を維持します。
Alloy718 インコネル 焼鈍すると加工性がよくなります。低温、高温下の優れた耐腐食性です。モルファでは航空やガスタービンでの加工を行っています。
C276 ハステロイ ニッケル基にモリブデンやクロムを多く加えることで耐食性や耐熱性を高めた合金です。モルファでは樹脂押出部品の加工を行っています。
Alloy36 インバー Invarという名称はInvariable Steel(変形しない鋼)ところから作られており、常温での熱膨張率が小さいことが特徴です。
KOV コバール 鉄にニッケル、コバルトを配合した合金です。 常温付近での熱膨張率が金属のなかで低く、リードフレームに用いられます。
チタン
TP270 チタン1種 1種は工業用純チタンで、耐食性に優れた特徴を持ちます。耐海水性については特筆すべき能力を持ちます。化学装置や石油精製装置、工業用装置各種などに使われます。
TP340 チタン2種 2種は純チタンとしては最も一般的なもので、強度、溶接性、加工性のバランスが良いとされる材料です。
TP480 チタン3種 3種は純チタンの中でも強度面に力点が置かれた材料で、加工性や溶接性はあまりよくありません。
TP550 チタン4種 4種は工業用純チタンの中では比較的純度の低いタイプで、強度面では最も優れています。
Ti-6Al-4V 64チタン 64チタン合金はα相とβ相の特徴をバランスよく組み合わせた合金、64チタン合金はチタン合金の70%を占めるほどよく利用されているチタン合金です。
超硬合金 VXX 超硬 炭化タングステン(W)とコバルト(Co)を結合させて作られたものです。非常に硬度が高く、強度が高いです。
単一元素材 Mo モリブデン 金属のなかで5番目に融点が高いモリブデン。熱膨張率が低く、高温の環境下でも形状安定性がきわめて高い特性があります。
W タングステン 非常に融点の高い金属。電球のフィラメントや、金属材料を溶かすための坩堝などに使われる事があります。
Ir イリジウム イリジウムは硬度や融点の高さから耐熱性や耐摩耗性が求められる用途で使用されることが多いです。難加工材料。
Ta タンタル 耐食性が非常に高く、コンデンサーなどに使用されています。

金属加工のことでお困りですか?

他社では断られた難しい加工も気軽にご相談ください。
無料見積 全国対応 適正価格
電話・FAXでのご相談 平日9:00〜18:00
TEL 06-6499-7757
FAX 06-6499-7736