試験片の加工に高い精度が求められる理由~UT試験片・MT試験片などの試験片加工は株式会社モルファ~

試験片(UT試験片・MT試験片)の加工は株式会社モルファまで

株式会社モルファはUT試験片MT試験片に必要な微細な人工欠陥を20年以上加工し続けてきました。

素材に欠陥を見つけるためのUT試験、MT試験。
パイプの内径にW0.05mmの微細な人工欠陥、難加工材と言われるインコネルにφ0.01mmの穴をあけた実績もあります。

6m以上ある大型シームレスパイプの人工欠陥も内外径に加工も対応しております。過去には全国で加工を断られた、NASAの新素材を加工したこともあります。

試験片の加工で重要視される「精度」~その理由とは?~

試験片とは、材料の性質調査に用いられる片のことです。材料を実際の製品に使用するためには、素材の性能や性質を保証する必要があります。試験片は部品材料の一部を切り取ったもので、材料の性質が製品の基準をクリアしているかどうかを確かめるために行う調査で使用されています。

製品自体の安全性に直接関わるものであるため、「片」を切り取る部分が細かく決められていたり、加工する際に厳しい規定があったりということも珍しくありません。このように、試験片は製品の品質を守るための重要な試験で使用されることから、より高い加工技術・精度が求められるのです。

お役立ちコラム

試験片の加工を依頼するなら【株式会社モルファ】

会社名株式会社モルファ
所在地〒 661-0011  兵庫県尼崎市東塚口町2-3-44
TEL06-6429-5445
URLhttp://morpha.co.jp/

CONTACT

お問い合わせ

  • TEL 06-6429-5445
  • FAX 06-6429-5966

(営業時間:9:00〜18:00 土日祝日を除く。 担当:平山)