試験片(引張・疲労)にも対応する株式会社モルファ〜金属疲労のメカニズム〜

試験片のことはものづくりのプロ・株式会社モルファにご相談を〜小型・大型の精密加工も対応可能〜

試験片の切り出しや精密加工の委託を関西地方でお考えなら、兵庫県尼崎市にある株式会社モルファへご依頼ください。

主に中小・大手企業様、大学などの学校法人様で使用される部品の加工や試験片の加工を行っています。
小型部品の精密加工から大型の部品加工までご希望に沿った加工をご提案し、関西トップクラスの製造技術で忠実に加工いたします。

最小で1.5mmの靱性評価試験片の製作、最大でφ1.5mL2000mm程度のワークに人工欠陥の製作実績があります。

金属疲労が起こるメカニズムとは?

「金属疲労」とは、金属が一定の荷重を繰り返し受けることで起こる現象です。金属疲労は大きな負荷だけでなく小さな負荷でも起こります。たとえひとつひとつの負荷が小さくても、部分的に長期間の負荷が加わることで金属が徐々に疲労し、断裂してしまうのです。

金属疲労で断裂した金属の断面は貝殻模様(ビーチマーク)という独特な模様が出ます。金属が破壊する主な原因に腐食や金属の強度不足などが挙げられますが、金属疲労は強度不足によって生まれると言われており、製品の安全性を脅かす可能性のある現象です。そのため、金属疲労を起こさないためにも、製造する商品に耐久性の高い金属を使用することや、引張性能評価を行うことは非常に重要です。

お役立ちコラム

試験片の加工を依頼するなら【株式会社モルファ】

会社名株式会社モルファ
所在地〒 661-0011  兵庫県尼崎市東塚口町2-3-44
TEL06-6429-5445
URLhttp://morpha.co.jp/

CONTACT

お問い合わせ

  • TEL 06-6429-5445
  • FAX 06-6429-5966

(営業時間:9:00〜18:00 土日祝日を除く。 担当:平山)