微細加工(人工欠陥、ノズル穴)について〜φ0.1mm以下の穴や人工欠陥の加工も承る株式会社モルファ〜

微細加工を関西で依頼するなら!どんな加工にも挑戦する株式会社モルファ
〜ミクロな穴を開ける人工欠陥の加工も承り中〜

微細加工のご相談は金属加工のコンシェルジェ・株式会社モルファまでご連絡ください。難削材の加工や超精密加工も喜んでお受けいたします。直径1mm以下のミクロなを開ける高度な技術力を持っておりますので、人工欠陥の加工や多数穴加工など高精度な加工が可能です。

非鉄金属、SUS、インコネルなどの特殊素材の加工も承っておりますので、金属加工をお考えの際は一度お問い合わせください。過去にはインコネルにφ0.01oの穴をあける実績や、錠剤のリークテスト用にフィルムにφ0.03oの穴をあけたこともあります。

加工が難しい「難削材」

難削材とはその名の通り「加工しづらい素材」全般のことで、主にステンレスやチタン、鋳物などの硬度の高い素材・発火しやすい素材を指します。硬度の高い素材は加工作業で抵抗や熱が発生しやすく、マグネシウムなどの発火しやすい素材は慎重に加工を行う必要があります。そのため、工具や機械の寿命を短くしたり効率を下げてしまったりするなど、生産において様々な問題を生むのです。

また、過去に加工前例のない素材やデータの少ない素材なども加工方法が確立できないことから難削材として扱われます。このように、難削材は素材の特性により様々なハンデが生まれるため、加工がとても難しいと言われています。

お役立ちコラム

微細加工を依頼するなら【株式会社モルファ】

会社名株式会社モルファ
所在地〒 661-0011  兵庫県尼崎市東塚口町2-3-44
TEL06-6429-5445
URLhttp://morpha.co.jp/

CONTACT

お問い合わせ

  • TEL 06-6429-5445
  • FAX 06-6429-5966

(営業時間:9:00〜18:00 土日祝日を除く。 担当:平山)